金沢観光や蒔絵体験

輪島塗万年筆の製作ストーリー 150

掲載された雑誌の一部
iPhoneホワイトモデル用ケース

 

オーダーメイド受け賜り中

共同購入

漆芸工房から

漆Pro展示場

工房やオーナーから

「日本のものづくりと世界のものづくり など色々」 好評の体験

工房の現場ブログ >>

 

メール会員登録

携帯ページ

HOME»  ・iPhoneケース(約40種)»  iPhone5sケース 美濃和紙すかし 業平蒔絵

iPhone5sケース 美濃和紙すかし 業平蒔絵

漆Proならではのアイデアで装飾されたiPhoneケース新発売です
伝統の文化をさりげないデザインで楽しむ「粋」

「美濃手漉き和紙」「金沢金箔」 輪島塗に関わる「蒔絵技術」 で描いた
絵は、みなさんご存知の「在原業平」の読み歌

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川
        からくれなゐに 水くくるとは 

の下の句を、光琳の書を写し、絵を蒔絵しました。

美濃手漉き和紙は貴重なもので、文化財の修理修復でも使う
品質のものです。

(業平と同様 六歌仙のひとり小野小町も同時発売)

新しいわざで創作されたiPhoneケース(業平)

見る方向で、模様の色合いが輝き 薄い和紙の繊維越しに見えるのです。

誰も手がけていない新装飾でiPhoneケースを制作

もちろん側面は、漆Proならではの漆和紙のマットな側面装飾

このシリーズは、iPhone6の新型に向けて、半年以上かけて技法を
考えて来た装飾手法です。新型が発売される前に、現モデルのカバーで
プレデビューさせました。

今後色々なデザイン意匠の装飾カバーを発売します。

ハードな本体を意外にも和紙の風合いで包むなんて、誰も考えない
不思議な質感をお楽しみください。

和紙表面には、和紙の風合いを残しながら、汚れ等にも対応させた、
適度なコーティング処理をしています。

輪島塗の産地は技の宝庫 そんな新装飾で飾るiPhoneケース

量産のケースとは別世界の 一点制作ならではの、本格的な伝統のわざと、
意外なアイデアの組合せ。

普段ヘッドルーペの漆芸仕事の中で、常に色々な技法やアイデアが生まれてきます。
そんな技や意匠をスマホカバーで表現してみました。

関連商品