金沢観光や蒔絵体験

輪島塗万年筆の製作ストーリー 150

掲載された雑誌の一部
iPhoneホワイトモデル用ケース

 

オーダーメイド受け賜り中

 

漆芸工房から

漆Pro展示場

工房やオーナーから

「日本のものづくりと世界のものづくり など色々」 好評の体験

工房の現場ブログ >>

 

メール会員登録

携帯ページ

HOME»  蒔絵万年筆・ボールペン»  輪島塗万年筆/輪島塗の産地ならではの漆芸のノウハウで手づくりされた万年筆

輪島塗万年筆/輪島塗の産地ならではの漆芸のノウハウで手づくりされた万年筆

輪島塗の産地ならではの漆万年筆は花梨で手づくり

輪島塗は江戸時代から、全国のみなさまとの対面でのものづくりをしてまいりました。

製造元の漆工房も、小さいながら江戸寛政年間から北海道をはじめ各地に出かけの仕事跡が残っています。
フランスやドイツスイスなどに直接出かけて、あらためて日本のものづくりや製品の事を考えています。

その様な経緯もあり、また皆様からのきっかけや縁を頂き、輪島塗の産地ならではの万年筆を作りました。
輪島だけではなく全国の工芸に関わるみなさんが、本来の日本ならではのものづくりの事を考えておられて、そんな皆さんとの連携で万年筆づくりを試みました。

漆器は、使ってこそ漆ならではの魅力を感じてもらえるのです。
この度発売する万年筆も是非普段にお使いいただきたいペンとして制作しました。
輪島塗万年筆を製作するために、家具製作でも使われる 硬木花梨でペンの軸を
削り出したものですが、10本に3本ほどとても塗るのに惜しいローズウッドの様な木肌が
出たものがありました。

それらを、更に手磨きをし、蒔絵用の透のよい良質の朱合漆で拭漆した万年筆を紹介します。

輪島塗の産地が製作した木軸の万年筆の造形

輪島塗の産地が製作した木軸小口には漆塗のリングが装着など万年筆の細部にこだわり

手間ひまかけながら、一本づつ制作しています。
天然の良質な漆による拭漆で、花梨の木香りも感じる万年筆
ご自身のお手元や、プレゼントにいかがでしょう。

女性の方にはペン先軸を下の画像の様に、朱金の蒔絵地仕様でお届けします
お申し出ください。

輪島塗万年筆を製作中画像 大先01

輪島塗万年筆を製作中画像 大先02

蒔絵の仕事はミクロの勘どころ 炭研出し(輪島塗万年筆製作工程画像)

パイロットやセーラーやメーカーペンではない手づくり万年筆



輪島塗万年筆の製作のために製作したもので、良い調子の木肌や木色の軸を組み込みました。

オプションでワンポイントの木地蒔絵をお入れする事も可能です
お気軽にお問合せください。

  • 輪島塗万年筆/輪島塗の産地ならではの漆芸のノウハウで手づくりされた万年筆

  • 販売価格

    28,080円(税込)

  • 在庫

    1

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 輪島塗で万年筆をつくる意義

    輪島塗万年筆や漆木軸万年筆の製作は、色々な縁 (えにし)がもたらしたものです。
    特に、浜松の装飾工芸の工房の方には、重要な本体や細かなこだわりの箇所を引き受けて頂き万年筆の制作が可能となりました。


  • <商品仕様>
    ペン先:金メッキ F 
    ペン先ポイント:イリジュウム
    キャップ:嵌合式(スリップシール機構のインナーキャップあり)
    本体サイズ::約143mm
            キャップを外した筆記時:約130mm
    胴軸径:約12mmφ
    重さ::約23g
    軸仕様::天然木(花梨)天然漆による拭漆仕上げ
    首軸:純金蒔絵粉による研出蒔絵仕様
    カートリッジ・コンバーター両用式(コンバーター付属)

関連商品