金沢観光や蒔絵体験

輪島塗万年筆の製作ストーリー 150

掲載された雑誌の一部
iPhoneホワイトモデル用ケース

 

オーダーメイド受け賜り中

 

漆芸工房から

漆Pro展示場

工房やオーナーから

「日本のものづくりと世界のものづくり など色々」 好評の体験

工房の現場ブログ >>

 

メール会員登録

携帯ページ

HOME»  ・iPhoneケース(約40種)»  iPhone5ケース「羽根クリアー」 ブラック スレート

iPhone5ケース「羽根クリアー」 ブラック スレート

沈金iPhone5s/5ブラック スレート用 「羽根クリアー」


iPhone5ブラック スレートに浮かぶ羽根 

新型のiPhone5ならではの本体のデザインをいかしたクリア装飾が、皆様から大変好評です。

iPhone5ケース「羽根クリアー」ブラック スレート ななめ画像1

手持ちの画像

見る方向で羽根の金の輝きが変ります。
きれいなiPhoneのデザインを背景にしたクリア空間に、ボリューム感ある金の羽根は決して派手すぎず、それは 羽根のアクセサリーのようです。

誰も持っていない特別なiPhoneとなるでしょう。

よく見られる彫り装飾のレーザーやサンドブラストでは表現できない繊細さやキラメキ感は、長年研究してきた私たちのオリジナル技術です。

鋭利な鑿刀の手彫りならではの表現であり、量産の技術ではつくり出せない装飾なのです。

鑿刀は、彫る線描に合わせ何十本と必要で、沈金師が自ら研ぎ作る。刃先の切れ味がこの模様の金の輝きに大きく影響を及ぼします。

ななめ画像2

羽根の周囲にも純金の蒔絵粉をちりばめた飾りが入っています。

側面の塗り作業



漆Proの装飾カバー側面は、漆が塗られて純銀の蒔絵ラインが特徴となっています。<おすすめポイント>
おかげさまで、ホワイトモデル用の装飾カバー発表後、多くの皆様からのお問合せや、オーダーも含めてご好評頂いております。

また、側面の黒の漆塗り それに純銀の蒔絵ラインが、ホワイトモデル本体とベストマッチなデザインだと、ご購入者の方々から高い評価を頂いています。

<製作ストーリー>

「意 匠」
羽根模様は蒔絵などでも名品が知られています。羽根のデリケートな質感の表現は中々難しく、筆や仕事にも自信のある工芸家が、挑むモチーフとして知られています。

iPhone装飾に羽根を考えついたきっかけはパリでした。高級万年筆を販売している知合いのオーナーご夫妻とシャンゼリゼ近くのショールームで話をしていたとき、話題の中でデザインの話となり、「羽根はどうだろうか、綺麗だと思うよ・・」そう言えば、英語 pen の語源が「羽根」を意味するラテン語 penna に由来することから、お二人にとって「羽根」は縁が深いのでしょう。

「技 術」
私達の漆のグループは、塗りから蒔絵、沈金、呂色など色々な漆芸技術の専門の仕事に従事しています。
中でも、透明素材に漆芸技術を使う事を長年開発している工芸家がいて、特許を取得し私達に応用を促していただいています。その技術を改良し、パリ国際見本市メゾン&オブジェに5・6年単独出展し、欧州の装飾デザイン会社などの応用や引合いから、更に技術を進化改良した装飾手法を、今回の「羽根」に使いました。

なお、この開発した装飾技術は、東京 日本橋三井ビル コレド室町の箔専門店の店舗装飾で、カウンター装飾パネルとして採用された今話題の装飾技術を、先駆けて使っている大変レアな装飾です。

また、この技術の商品化には、ハードルが高い経済産業省の地域資源活用事業の
認定を受けています

  • iPhone5ケース「羽根クリアー」 ブラック スレート

  • 販売価格

    17,850円(税込)

  • 対応機種選択

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品