金沢観光や蒔絵体験

輪島塗万年筆の製作ストーリー 150

掲載された雑誌の一部
iPhoneホワイトモデル用ケース

 

オーダーメイド受け賜り中

共同購入

漆芸工房から

漆Pro展示場

工房やオーナーから

「日本のものづくりと世界のものづくり など色々」 好評の体験

工房の現場ブログ >>

 

メール会員登録

携帯ページ

HOME»  ・iPhoneケース(約40種)»  iPhoneケース/ 「縁」ENISHI ホワイトモデル用

iPhoneケース/ 「縁」ENISHI ホワイトモデル用

沈金iPhoneケース 「縁」ENISHI ホワイトモデル用



iPhone5ケース「縁」 top文字入り


側面は本漆を手塗りされ、純銀の蒔絵ラインが装飾されています

※iPhone各機種も選べます

 
  • ランキング3位 第 3 位 2013.09 マンスリーランキング

  • iPhoneケース/ 「縁」ENISHI ホワイトモデル用

  • 販売価格

    19,950円(税込)

  • 対応iPhoneの種類

在庫切れボタン


  • iPhone5ケース「縁」拡大画像背景黒

    近くで見ると、なんと繊細な仕事をしているんだと驚きます。
    クリアな空間をこんな風に蒔絵や沈金が描ける不思議さに、現場にいながらにして、私達も、新しい装飾が生まれることを楽しみにしています。

    iPhone5ケース「縁」手持ち文字入り

    側面の塗り作業

    <デザイン>
    「 縁 」(ENISHI)と名づけられています。(手彫りされたところにプラチナの粉など使い表現)作品名を作者から「縁=えにし」と聞いています。しだの葉のデザインは、さすがと感じました。私は銘「縁(えにし)」の意を「きずな」と読み取りました。

    紹介者である私は蒔絵の仕事をしていますが、沈金鑿の繊細な彫りは蒔絵の筆では出せない表現をもたらします。漆芸家である作者はこの作風を何年も手がけチャレンジして更に作風を高めています。詳しくはオリジナルカードでご覧ください。

  • <商品誕生ストーリー>
    クリア素材に漆芸を使いった装飾技術は、長年かけて開発しパリの国際見本市6年間出展で、海外のデザイナーやバイヤーの評価などから、色々な分野に向けて可能となった装飾です。
    海外でも高い評価を得たクリア装飾技術を使いiPhoneケースを装飾しています。
    漆芸装飾は新たな素材や新たなステージにチャレンジしてこそ、漆器では発揮できないデザインや表現が可能となるのです。
    千年の歴史を持つ日本固有の装飾技術「漆芸」を、現代ならではのアイテムにもチャレンジする事こそ、伝統ではないかと考えます。

    量産の装飾が当たり前のスマホ市場に、手わざ産地からの出品が可能となったのも、多くの皆様からの応援があってのことです。
    パリやイギリスドイツスイスと欧州を回って色々な人達と接してみて、あらためて実感したことは、日本の工芸は自らきれいだと思う装飾技術や日本人ならではの表現力を、自信を持って打ち出すことではないかと思った次第です。

    漆ネットでは、今まで蓄積した技術やアイデアなどでチャレンジしますので、よろしくお願いいたします。

    <仕 様>
    【対応機種】 Apple iPhone(他スマホ用もオーダー可能)
    【ボディ素地】 ポリカーボネイト素材
    【加飾材料】 天然漆手塗り・模様プラチナ蒔絵粉・蒔絵螺鈿、側面ライン銀蒔絵粉etc

     

    <特製の箱>
    黒色レザー調の漆Proオリジナル箱付き
    商品情報意匠デザイン情報などそれぞれ固有の情報がご覧いただけるQRコードプリントのオリジナルカード付き
    <技術用語解説>
    沈金(ちんきん)
    素地を独特の形状を持つ鑿(ノミ)で、線や点彫りなどの模様を描き、その彫ったところに金粉や金箔を貼り込む技法
    制作映像はこちら

    蒔絵(まきえ)
    漆で文様を描き、乾かないうちに金粉(金・銀・プラチナなど)を蒔く技法。大きく分けて、平(ひら)蒔絵・研出(とぎだし)蒔絵・高(たか)蒔絵などに分けられるが、他にも様々な技法もあり、螺鈿(らでん)や切金(きりかね)を使用する事もあります。

    呂色(ろいろ)
    漆の艶上げの技法、漆塗面を平滑に研ぎ磨き、薄く漆を拭き込み手磨きを何度も繰り返し 鏡面に仕上げる技です。


    ======================
    海外の展示会で、商品よりも注目された手づくりの
    蒔絵ボールペンが、商品となりましたプレゼントにいかがでしょう

関連商品